2005年12月19日

時の歩廊で 第13-a部 「I DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS」(3)

第65-a話

 慎吾に呼ばれることを予期していたかのように、奏一は軽く頷き、そして一言二言神田と会話を交わすと舞台上に出てきた。大きな拍手とどよめきが会場を包んだ。奏一は慎吾の左側に立つと、客席をそのまま見据えた。一抹の迷いもない、堂々とした態度だった。
「優、準備はいいか?」
 慎吾は後ろを振り向き、ドラムの佐々岡優に声を掛けた。
「OK」
 そう言うと優は頷いた。続いて慎吾はピアノの奈緒子の方を見た。奈緒子は何も言わずに頷いた。そして、慎吾が隣を見やると、手内奏一が慎吾と視線を合わせないまま、客席を凝視していた。この男はいつもこうだった。でも慎吾には奏一が考えていることはよくわかる。奏一は奏一なりにテンションを高めているらしい。
(・・・あれ?)
 以前こんな夢を見たような気がした。それがいつのことだったか、そしてそれが何を意味していたか慎吾にはわからなかった。慎吾はあの時の夢を必死に思い出した。
(・・・たしかあの夢では・・・)
 振り向くと後ろに数馬がいた。数馬が嬉しそうな表情で奏一を見ていた。あの夢ではベースを弾いていたのは神田だった。その神田は今、舞台の袖で、呆れながらもステージの展開を見据えていた。
(・・・そして)
 慎吾は再び客席を見た。夢では、客席の最前列には高校時代の吹奏楽部の副部長、久保田が座っているはずだった。しかし、現実ではそこに座っていたのは藤木だった。
(・・・あれは、正夢じゃなかったんだな)
 そう、夢ではなかった。現実だった。慎吾は感動で胸がいっぱいになった。このメンバーで演奏する。慎吾にとっては最高のステージだった。
「いくか・・・」
 慎吾はカウントを出した。かなり早めのテンポで「invitation」が始まった。奈緒子も自分のアルバムでこの曲を取り上げているが、全く雰囲気の違う「invitation」が慎吾たち五人によって演奏されていた。そのスリリングな展開は、再び会場を総立ちにさせた。
 慎吾は久々に聴く奏一の音に圧倒された。昔からサックスを鳴らすことにかけては定評のある奏一だったが、久々のステージというのにそれは全く変わっていなかった。いや、むしろ、その中にもわずかながらの憂いが感じられる分、奏一が今までの人生を明らかに必死に生きてきたことが感じられ、慎吾は嬉しくなった。
(こいつもまた、・・・頑張って生きてきたんだな・・・)
 慎吾は奏一に視線を送り、ソロの先発を任せた。奏一は、そのままソロに突入すると思いきや、4〜5小節アドリブフレーズを吹くと、少し唖然とした顔をした。
(・・・?)
 慎吾は一瞬奏一がなにをしているのかわからなかったが、しかし、ステージの前に亜希子と話をした時に、奏一が「まだ思うように吹けない」と悩んでいると聞いたのを思い出した。
(コイツ・・・、吹ける自分に戸惑っていやがる)
 慎吾がそう思った瞬間、奏一が空に向かってニヤリと笑った。自分の手応えを確認した顔だった。
(やっぱり・・・)
 慎吾は吹き出しそうになってしまった。その時の奏一の顔は、まるで赤ん坊が初めて歩けた時のような表情だったからだ。
(コイツもまた・・・)
 奏一のサックスの音を身体で感じながら慎吾は思った。
(・・・音楽のことしか考えていないんだな)
 ふと気がつくと、ステージに向けられていたテレビカメラの上部の赤いランプが点灯していた。奏一のソロに入るとすぐにテレビ中継が始まったらしく、カメラの前方、ステージに背を向けて何事かを話している女性レポーターの姿が慎吾の目に入った。その表情は見えなかったが、彼女が興奮気味に何かを言っていることは慎吾にもわかった。
 奏一のソロはどんどん加速していった。優や奈緒子、数馬の演奏に対応できる自分を楽しむように、そして自分のフレーズに対応する彼らの反応を楽しむように、奏一のサックスは高く上り詰めていった。
(まったく、相変わらず自信をなくさせてくれる奴だ)
 慎吾は苦笑した。初めて出会った時から、奏一はそういう男だった。天才肌の奏一に何度慎吾は自信を喪失してきたか・・・。しかしそんな奏一が身近にいたからこそ、高校時代、そして大学時代の慎吾は自らのサックスの腕を伸ばしてくることができたのだった。
(・・・いや、それだけではない。コイツがいたからこそ・・・)
 サックスの腕だけではなかった。手内奏一がいたから、慎吾の人生は豊かに彩られてきたのだった。いや、奏一だけではない。ドラムを叩いている佐々岡優も、ベースを弾いている佐伯数馬も、ピアノを弾いている萩原奈緒子も、舞台袖でステージ上を見ている神田宏一も、彼らの全てが慎吾の人生を豊かに彩ってきたのだった。
 俺の、俺のもてるもの、全てを出す。
 慎吾は決意した。奏一のソロは終わりに近づいていた。その最後のフレーズを引き継ぐと、慎吾のソロが始まった。最初に慎吾の耳に飛び込んできたのは数馬のベースの音だった。
(数馬、ありがとう。お前のおかげで俺はまたジャズの道に飛び込めた)
 慎吾と数馬の会話に飛び込んできたのは優のドラムだった。
(優、俺は何度お前に助けられたか・・・。これからもプロとして頑張れよ)
 そして・・・。慎吾は自分の斜め後ろの方向に神経を集中した。そこには奈緒子がいた。
(奈緒子・・・。俺はお前を幸せに出来なかったけれど、でも、俺はお前に出逢えて良かったよ。お前がいなかったら、今の俺はないよ・・・)
 慎吾は舞台袖にちらりと目をやった。神田がいた。しかし神田の表情は先ほどと一変していた。今慎吾たちが奏でている音楽に心酔している顔だった。心苦しい気持ちで神田の顔を見た慎吾は少しだけ安心した。
(神田さん、ちゃんと聴いていてくれているんだね。ありがとう。それから、今日はごめん。こんな形で計画を台無しにしちゃったね・・・)
 慎吾は、自らが望んだとおり、ソロの中で全てを出し切り、ソロをピアノに譲った。慎吾が充実感に浸っていると、奏一が小声で話しかけてきた。
「・・・慎吾さん、さすがですね。でも、これで終わりじゃないでしょ?」
「・・・」
「・・・そう満足げな顔をされても困ります。バトルやりましょうよ」
「・・・OK」
 慎吾が笑顔で頷くと、奏一も頷いた。曲は奈緒子のソロから数馬のベースソロに移り、やがて優のドラムソロに移行した。そしてドラムソロが頂点に達したところで慎吾は奏一とのバトルを行う合図を出した。
 奏一がソロを吹き出すと、慎吾がその上に自分のソロを被せた。いきなり最初から2バースのフレーズ交換だった。慎吾のアルトと奏一のテナーが時にもつれ合い、時に反発しあいながら、お互い影響しあって高揚していった。いつの間にかテレビ中継のカメラの赤ランプは消えていた。聴いている客も呆然と見守るしかなかった。2本のサックスは絡まり合いながらいつまでもうねり続けるのだった。

続く



posted by 山崎隆之 at 00:00| 時の歩廊で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。