2005年12月15日

時の歩廊で 第13-a部 「I DIDN'T KNOW WHAT TIME IT WAS」(2)

第64-a話

 慎吾、奈緒子、優、そして数馬・・・。四人が織りなす音楽であるはずなのに、数馬のそれは、一人だけ「突出」していた。慎吾はその「突出」が、何であるかを悟った。
(コイツ、俺を「挑発」していやがる・・・)
 奈緒子に対してでもない、優に対してでもない。まさしく慎吾に対して、「挑発」している数馬の気持ちがありありと溢れた演奏だった。いや、それは「挑発」というより、「もっとやろうぜ、演奏を楽しもうぜ」という「勧誘」だというべきか・・・。
(どうする・・・)
 慎吾は曲が始まる前にちらりと見た時計の時間を思い出していた。のって演奏したためにすでに時間が十分以上押していた。ここで数馬の挑発にのると、さらに時間が押してしまい、テレビの生放送に恵理奈の告白を持ってこられない可能性が出てくる。
(どうする・・・)
 明らかに慎吾は迷っていた。挑発的な数馬のベースを適度に受け流してはいたものの、慎吾は先ほどの二曲とは異なり、迷いの現れたフレーズを流し続けていた。
 慎吾の背後でピアノの音が聞こえなくなった。続いてドラムの音も・・・。慎吾は演奏しながら背後の様子をうかがった。姿は見えていないが、奈緒子も優も、戸惑っているようだった。
(どうしよう・・・)
 慎吾は今度は舞台袖を見た。神田の焦っている表情が伺えた。今回のライブの立案者は神田である。神田がこの展開を望んでいないのは明らかだった。
(数馬の誘いには乗らずにこのまま・・・)
 慎吾は一瞬そう思いかけたが、強い視線を感じて再び舞台袖を伺った。
(奏一・・・)
 神田の背後で奏一が慎吾を強い視線で見据えていた。再び奏一と視線が合った時、慎吾の心は決まった。
(俺は、・・・ミュージシャンだ)
 慎吾は奈緒子を見て頷いた。そして同じように優を見て頷いた。
(大事なのは、今目の前にある音楽だ。・・・受けて立とうじゃないか)
 慎吾のサックスから先ほどまでとは違った、生気のこもった音がし始めた。それに対応するように、優のドラムと、やや遅れて奈緒子のピアノが再び曲に加わった。
(これでいいんだろう?数馬・・・)
 慎吾は数馬の顔を伺った。数馬の顔に満足げな笑みが浮かんでいた。慎吾は再び正面を向くと、またフレーズを重ねていった。
 「Black Nile」は、途中ベースとサックスのデュオ状態になり一瞬静かになったが、ドラムとピアノが加わることにより、息を吹き返した。優が刻み出す複雑なポリリズムの上に、慎吾のサックスが自由に踊っていた。それはかつて優に「何をやりたいかわからない」と言われた演奏とは一線を画していた。今は明らかに慎吾が演奏を、そしてメンバーを引っ張っていた。
 慎吾のサックスが奔放なフレーズを吹く度、優はそれに反応した。慎吾の意図に従うこともあれば、あえてその意図に従わず、リズムのミスマッチを起こすことで、化学反応のように起こる不思議な感覚を楽しませることもあった。
 数馬のベースと奈緒子のピアノもそれに加わり、そこから生み出される音楽は、それぞれが自由に演奏しつつもお互いに反応しあっているという、不思議なバランスの上に成立していた。もはや誰がソリストで、誰が伴奏者というのではなかった。全員がソリストであり、伴奏者であった。曲だけが唸りをあげて、ただひたすらばく進していった。
「うおーっ!」
 演奏中だというのに、観客の一人が叫び声のような声を上げて立ち上がった。彼は興奮した様子で演奏する四人に絶賛の拍手を送った。それを皮切りに何人もの観客が立ち上がり、会場は興奮の渦に飲まれていった。
 慎吾がやっとサックスを降ろすと、奈緒子がそれを引き継いだ。慎吾は奈緒子を見た。奈緒子も満足げな表情で、慎吾を見た。その瞬間、慎吾は、奈緒子との間に流れた時間を忘れた。いや、奈緒子だけではない。優も、数馬も、大学生の頃の彼らに戻っていた。慎吾は思い出していた。あの、音楽のことだけを考えて生きていたあの頃を。今一緒に演奏している彼らと生きていた、あの素晴らしい時代を。
(まだ、足らない・・・)
 慎吾は舞台の袖を見た。熱にうなされたようにぼやけた慎吾の視線の先に映ったのは、神田と奏一と亜希子だった。
(あいつらも加わればいいのに・・・)
 そう思って改めて視線を向けると、奏一の手に銀色のテナーサックスが握られているのが見えた。神田が奏一に何かを言っているようだったが、奏一の視線は慎吾に向けられていた。奏一は慎吾にゆっくり頷いた。慎吾は奏一が何を考えているか、今はっきりと認識した。
(そういうことか・・・。そうこなくっちゃ)
 慎吾は奏一に笑みを送ると、再度演奏に集中した。奈緒子のピアノソロが終わり、曲は数馬のベースソロに移っていた。
(おっと・・・コイツには借りがあったな)
 慎吾は数馬の顔を見た。数馬は不思議そうな顔をして慎吾の顔を見つめ返した。慎吾の顔に笑みが浮かんだ。
(あとで「あれは意地の悪い笑顔だった」と、コイツは言うだろうな・・・)
 一瞬そう思ったが、慎吾は自分の中から突き上げる衝動に耐えられなかった。慎吾はサックスを構えると、数馬のソロの上にフレーズを被せ始めた。今度は慎吾が数馬を挑発する番だった。数馬は苦しそうな表情をしながらもにやりと笑い、これに応じた。数馬はオウム返しのように慎吾の奏でるフレーズをひたすらトレースした。再び奈緒子のピアノと優のドラムが音を出すのをやめた。しかし、今度は戸惑っているのではなく、明らかに意図的に、慎吾と数馬に演奏の空間を与えるためのものであった。慎吾と数馬の会話がそろそろ臨界点に達すると思われた頃、それを切り裂くように優がドラムソロに突入した。
 優のドラムソロはいつにもまして高度に音楽的なものであった。観客たちだけでなく、慎吾も奈緒子も数馬も固唾をのんでそのソロを見つめていた。優が、4ビートの基本パターンを紡ぎ出した時がそのソロの終わりだった。慎吾は奈緒子と数馬に視線で合図を送ると、後テーマに戻った。
 曲が終り最後のフェルマータで、ほとんどの客が総立ちとなった。慎吾はサックスを振り下ろし、曲を終えた。会場の拍手が高波のように慎吾たち四人を包んだ。
 慎吾はふと我に返った。最前列の中央に座っている藤木だけが、不機嫌そうに腕組みをしてステージの上の慎吾を睨みつけていた。慎吾もそんな藤木を睨み返した。藤木自身も二十年前にはジャズピアノを弾いていたはずだった。それが今は目の前で鳴っているジャズに身も心も許さず、不機嫌そうな顔をして座っている。
(可哀想な奴・・・)
 慎吾は藤木を哀れんだ。様々な欲を満たそうとして築き上げた偽りの生活の末に、音楽の喜びすら忘れてしまったのであろう。そしてその過程の中で、神田を傷つけ、恵理奈を傷つけ、そして恵理奈の母親を傷つけてきたのだろう。慎吾の心の中に、同情と哀れみと怒りと、様々な感情が入り交じっていた。慎吾と藤木の睨みあいは一瞬だったが、慎吾はその時間を数時間のように感じていた。
 慎吾は神田を見た。神田は半ば呆れたような顔をして慎吾を見ていた。慎吾は、自分が神田の立てた計画をぶちこわしかけていることに気付いたが、すぐに「それでもいいや」と思った。藤木の悪行を暴くより、これだけ音楽に浸っている自分を、悪の道に浸って生きてきた藤木に見せつけることの方が慎吾にとって快感だった。そして、それをまだまだ藤木に見せつけてやりたいと思った。
 それには、どうしてももう一人メンバーに加える必要があった。慎吾はマイクを持つと舞台袖に向かって叫んだ。
「奏一、お前の出番だ!」

続く



posted by 山崎隆之 at 00:00| 時の歩廊で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。