2005年12月14日

時の歩廊で 第13-b部 「IT DON'T MEAN A THING」(1)

第63-b話

 舞台の袖に戻った奏一は、一つ大きな安堵の息を吐き出した。反対側の袖からは慎吾、奈緒子、優、数馬が楽器を持って暗転したステージの上に姿を現していた。
「病気に苦しむ人がお前の言葉で少しでも楽になるかもしれないんだ。自分の思うところをしっかり伝えろよ」
そんな慎吾の言葉で瞬時に奏一の脳裏に浮かんだのは、この春まで奏一が担当していた柴田こずえの笑顔だった。普段人前で話すことを苦手としていた奏一であったが、今日はなぜかしっかりと話せたのだった。
(慎吾さんの一言か、それとも・・・)
 奏一はなぜか柴田こずえが身近にいるような気がしていた。死後の世界などというものをいっさい信じない奏一であったが、今日ばかりはなぜかこずえがそばにいて、自分に拍手を送っているような気がしていた。
 奏一が舞台裏をまわり楽屋にはいると、亜希子が拍手をしながら迎えた。
「よかったわよ。ちょっとジンと来ちゃった」
目頭をハンカチで押さえる亜希子に奏一は笑顔で答えた。
「ありがとう・・・。子どもたちは?」
「あのとおり」
亜希子が指さした先では、茜と紗耶香が畳の上で体を寄せ合うように寝ていた。
「長距離のドライブだったし、二人ともちょっと疲れたみたいね。まだジャズのライブには早かったかしら?」
子どもたちの寝顔に思わず笑顔を浮かべた奏一だったが、その背後から演奏が聞こえると表情を一変させた。
「始まった!」
 奏一と亜希子はすぐに舞台袖に行った。舞台袖では神田が舞台の上を見つめていた。
「すげえ演奏だな。俺も裏方に回らないで演奏すればよかったかな?」
神田が冗談めかしていった。奏一は苦笑しながら答えた
「入ればいいじゃないですか」
「残念、楽器持ってこなかったんだよ。そう言えば奏一、お前楽器持ってきていたな。入れば?」
 その神田の言葉を聞いたとたん、突然奏一の心臓がコトンと音を立てた。
「ば、バカ言わないで下さいよ。あんなところに飛び込んだら、すぐに迷子ですよ」
「ふーん」
 神田がいたずらっぽく笑いながら奏一を見上げた。神田に心の中を見透かされたような気がして、奏一は思わず目を逸らした。
 曲は慎吾から奈緒子にソロが引き継がれ、そして数馬のベースソロ、4バースを経て、テーマに戻って終わった。ここでMCをするかと思った慎吾が、すぐ無伴奏のアルトソロに突入した。
「あれ?」
神田が不思議そうに言ったが、奏一はわかっていた。慎吾が「My One And Only Love」を演奏する時は、必ずこのパターンで演奏していたことを瞬時に思い出したからだ。
「なんだよ、このパターンかよ!」
「My One And Only Love」のテーマの断片が聞こえた時、神田が愉快そうに笑った。
「懐かしいなぁ。・・・慎吾さん、東京に出てきてからもよくこのパターンで演奏していたんですよ。でももともとは神田さんの十八番ですよね」
「そりゃ嬉しいねぇ。ありがたくて涙が出るよ」
「それだけ神田さんのことを尊敬してるんですよ」
奏一は笑いながら答えた。奏一の脳裏に高校時代の慎吾の顔が浮かんだ。慎吾とは高校時代何度か一緒に演奏してきた。文化祭で演奏し、定期演奏会でも演奏した。勝負を挑んで敗北感を感じたこともあったが、それも今となってはいい思い出だった。
(そう言えば、大学時代は慎吾さんと二人で同じステージに立つことはなかったんだよな)
今更のように奏一は思い出した。その時もう一度奏一の心臓がコトンと鳴った。
(あれ・・・?)
 これ以上奏一は自分の内なる欲求を無視することは出来なくなっていた。
「この調子だと先生もいよいよサックスを吹くことになりそうね」
 いつか柴田こずえが奏一に言った言葉が頭の中に響いた。複雑な表情を浮かべ、奏一は立ちつくした。
 慎吾も奈緒子も数馬も優も、久しぶりの顔合わせだというのにまるでいつも一緒に演奏している仲間のような演奏を繰り広げていた。
 「My One And Only Love」の演奏が終わった。慎吾は舞台袖にいる神田と奏一を見た。慎吾の目が奏一とあった。慎吾はなぜか首を傾げ、不思議そうな顔をした。背後から数馬に促されてやっと慎吾がマイクを握るまで、二人の視線はぶつかり続けた
「ありがとうございます。・・・今日の演奏は、いわば再会セッションでして、『ラスト・レター』が書かれた当時のメンバー、・・・もっとも肝心の手内くんがいなくて、代わりに私が加わっているのですが、少しでも当時の雰囲気を伝えたくて、久々に顔を合わせました。演奏メンバーは、ピアノ萩原奈緒子、ドラムス佐々岡優、ベース佐伯数馬、アルトサックス有戸慎吾でお送りしています。・・・次の曲、『Black Nile』、行きます」
 慎吾が話し終わるのを待ちきれないように、優のドラムソロが始まった。優のドラムが空間をザクザクと切り刻んでいた。もう奏一は我慢しきれなかった。
「亜希子、亜希子!」
「な、何?」
亜希子が驚いた顔で奏一を見つめた。
「俺の楽器、どこに置いてある?」
奏一は舞台を上を凝視しながら亜希子に聞いた。
「さっきあなたロングトーンを三十分くらいやって・・・。楽屋に置いたんじゃないの?」
「持ってきてくれ?」
「は?・・・なんで?」
「いいから、早く!」
亜希子は奏一に言われ、弾かれたように楽屋へと向かった。その時、神田がうめき声を上げた。
「お、おい・・・」
奏一は神田の傍らに駆け寄った。
「な、なんですか?」
「あいつ何をやろうとしているんだ?」
神田の指さす方向には数馬がいた。奏一にも数馬が何をしようとしているかが、すぐにわかった。
「あ・・・」
「奏一、今何分押している?」
奏一は慌てて腕時計を見た。
「えっと・・・十三分押しです」
「まずい・・・」
神田が小さな声で言った。
「慎吾があいつの挑発に乗ったら・・・、計画は台無しだぞ・・・」

続く



posted by 山崎隆之 at 00:00| 時の歩廊で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。